スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴天の霹靂

晴天の霹靂、観に行ってきました。大泉洋さんが大好きだからです!!

監督は、劇団ひとり。原作の小説も、劇団ひとり。

劇団ひとりの小説は面白いと聞いていたので、楽しみにしていました。

感想は、小さい話をうまくコンパクトにまとめている感じの面白い作品だと思います。

新人の監督の人や初めて映画とか作る人って、壮大な作品を作ろうとして
うまくまとめきれずに破綻する事が多いので、まとめられる範囲での壮大さ
で最初から作るのが、プロで有り、賢いやり方なのです。

松本人志の作品の「R100」は、壮大な物を作ろうとして、破綻し、
つじつま合わせどころか、何が言いたかったのか、自分でもわからなくなっていて、
苦痛すら感じて、30分くらい経ったところで、不快で席を立ちたくなる作品だと思います。
独りよがりで、映画は作ってはいけない事、映画の鉄則です。
厳しい評価になってしまいますが、先生によく映画は二時間お客さんを拘束するから、
不快なものを作ってはいけないと言われてました。
また、お客さんは高いお金を払っているのだから。


その点、晴天の霹靂は見事に、お話のつじつま合わせも出来ていますし、
コンパクトにまとめています。

また、手品のシーンは全て役者本人がやっているので、
1カットの長回しを多用していました。
1カットの長回しは、途中で切ることは出来ないので、
ミスするとまた最初っから。

大泉さんが、手品が大変だったと言っていました。

プロでも難しいと言われている手品もたくさん披露していました。
鳩を出すシーンでは、若干鳩が上着から出てきちゃった感じは有りましたが。笑


あと、昭和を再現した街並みは長野県上田市の協力で上田の街をそのまま
昭和の浅草にセットしたようです。
私も、一時上田に住んでいた事があるので、親しみを感じました。

お話は、冒頭シーンの雰囲気やセリフで、
「自分をいつからか特別だと思わなくなった。普通の人だ。
でも、その普通の生活を送るのがどんなに大変か。」
みたいなこと言ってました。

共感。そして、劇団ひとりは一人っ子なのか、寂しく生きている時の闇があるのだな、
と伝わってきました。

自分で生み出す作品は、自分の鏡。
結局自分の深部の心が出てきてしまうのです。

時間は2時間弱。比較的短め。

子供から大人まで観れる作品だと思います。

オススメ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶり!
晴天の霹靂は太田が絶賛してたね。俺もかなり興味ある。主題歌が大好きなミスチルってのもいいし。太田もいよいよ映画やるみたいだし。
最近、ブログ書きまくってるじゃん。どうしたの?

Re

久しぶり!ミスタン最近何してる?
PVも作ってるし、そろそろ本格的に活動しようかなってのと、
今次の仕事まで時間があるからかな。
あとは、あまりにもブログ放置しすぎた。笑
反省を込めて。週一は更新しないとだよね。うん。
ここから、仕事もらえるかもしれないしね、うん。
web系の勉強もしたし、無駄にしないようにしないとだね。笑

東京にいるよ。ボクシングもしてる。
テレビでサッカーの本田見てると本当凄いと思う。努力して自分追い込んで夢を実現していって。
頑張ってね。応援してるし、楽しみにしてるよ(^ω^)

Re

そうなんだー。私も関東に在中してる。笑
職場は東京。
ボクシングまだ続けてたんだね、えらい!
ボクシングの試合楽しみにしてるーWW
ミスタンも自分を追い込んでがんばってるじゃない。
うん、
私も楽しみにしているよ☆i-237
プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページhttp://redsuncat.youpage.jp/もしくはhttp://redsuncat.xxxxxxxx.jp/
作家支援サービスhttps://enty.jp/RedSunCat

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。