スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵を描くこと漫画を描くこと

絵を描くという行為は、人と付き合う事と似てる気がする。
子供の頃はただ描くことが好きって理由だけ。大人になるとなぜ、絵を描いているんだろう?って気になりだして、
そのうち自分にはこれしかないとか思ったり、もっと上手くなりたいとか高め合いたいとか。付き合う理由を探したり。

手を止めたら価値のない奴になるとか責めてみたり。
そのうち関係がぎすぎすしてきて分かれたりとか距離を置いたりとかまた戻って描いてみたり。
人間関係と似てる気がする。

恋人を描くようにキャラを愛でて描く人はやっぱ、愛情深いと思うし、
細かく丁寧に細部まで描く人はちゃんと相手を理解しようとするはずだから、気遣いしてくれたり、付き合い長くなったり?
勢いとか雰囲気でさらさらって描く人は気まぐれだったり直感やフィーリングでつきあったり……?
これは私の偏見かもしれないけど。
これは恋愛の意味だけでなく、人付き合いの意味でも。


最近漫画アシスタント再びやらせてもらって、(前回はヤングジャンプ、今回は少女コミック)
知ることが沢山ありました。

アニメと漫画の線のちがいとか、求められているものの違いとか。
どちらにしてもコミュニケーション能力が無い人、変なプライドを頑なに守ってる人は出来ない職業だと思います。

線で言うと、アニメはクロッキー、漫画はデッサンです。(今更気付いたのかよ。笑)アニメも漫画もスピードが求められる事は変わりませんでした。

漫画家さんも命がけ。休みは元旦のみだと言っていました。打ち切りにならないように、原稿を落とさないように、毎日孤独と白い紙と戦いながら描いているのだと思います。

私の漫画の進行状況はと言えばやっと折り返し地点に来たと思います。
来年1月には完成するんじゃないかな?

たぶんまた、編集者さんにいっぱいダメ出し食らうと思うけど、1作目よりはマトモになってることは確か。いろんな方にアドバイスもらったお陰です。

自分の描きたい物語と描ける物語との違いに改めて気付かされて、
自分の記憶の中の引き出しを探しまくって…
そしてどうしても恋愛絡んできちゃうんだなって……
女の先生曰わく、「女は感情の生き物だから割り切れない」って言われて、そうかもなって……。

Web漫画の売り上げも上がっているので、Web漫画にも強い出版社がいいよって言われました。
好きなように描かせてくれる出版社と、自分のすきな出版社とどっちがいいんですかね?
って問に漫画家さんは「正解は無いけど、自分の好きな出版社で描いた方が自分がこの雑誌で描いているんだから。って気持ちで最後まで頑張れると思うよ」って言われて、
何十年も漫画描いている人の言葉は私に重く染み込みました。

私はこもってひたすら漫画を描いているので、時々頭がおかしくなります。
現実と物語の境目があやふやになるときもあって、これは幻覚か?って思う時はさすがに自分きてるな!って自分でも心配になります。
薬はやってませんから!笑

悲しいシーンを描いているときは気付くと泣いていたり……
心がキリキリと痛みます。

そんな時は、人の声を聞くことで戻ってこれます。だから火曜の深夜は爆笑問題カーボーイを聴いて現実に戻ります。
あたしこの時代に身体、有ったんだなって再認識……。
(来年こそはまたメール沢山読まれて、カーボーイリスナーのオフ会に参加したい!)

こういう話を分かってくれる友人も少ないので、大概の友達は「あんた何言ってんの?笑」って言われるので絵描きの人にしか話しません。
それでもよく「不思議ちゃん」とか「ぶっ飛んでる」とか言われてます。(笑)かなぴい。

私はどこへ向かってるのかよく分かりません。
ふわふわしてます。
もうどっか誰も知らない異国に旅立ちたい!と急に思い立ったりしてますが、ビザが切れそうです。

でも、きっとこの漫画を描くことで自分はどうしたいのか答えが出るような気がしています。
今まであやふやにしていた仕事のことや、ちゃんと考えなきゃいけないことに、向き合える気がします。

向き合う度に自分って本当ダメなやつだぁ~って思いながらも、それでも前に進まなきゃって、ただもがいてるだけなのかもしれません。

それでも描きたい物は最低でもあと2つは有るので、そのためのステップアップになったらいいかなと思います。

私は漫画を描くことでずっと「答え」を探しているんだと思います。
見つからないから描いているんだと思います。
いつか見つかるかな。

見つかった時、「答え」をぶっ込んでいきたいなと思います(*^^*)

誰かに期待されている訳でも、完成を待ってる人も特に居ないので、マイペースにやれれば良いかな……と。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
おやすみなさい。(*'▽'*)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページhttp://redsuncat.youpage.jp/もしくはhttp://redsuncat.xxxxxxxx.jp/
作家支援サービスhttps://enty.jp/RedSunCat

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。