スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にアニメを教えてくれた4人の師匠その②

①に続きます。

その③H部さん
Hさんは作画監督で、私より8才程年上でした。
Hさんは男でボーズでスパルタで、怖かったです。
劇場版の新世紀エヴァンゲリオンのレイアウト作業とかしてました。
レイアウトチェックや2原のチェックをしてくれたけれど、教えてくれた、というより「修正載せるから勝手に学んで」って感じでした。
レイアウトチェックしてもらっているときは、6時間ほどHさんの後ろに立たされ後ろから修正を覗いているという教え方だったので、朝ご飯を食べてない私は途中で貧血になり、「トイレ行かせてください……」といって、ふらふらと自分の席に着き、ビタミンの栄養補助のドリンクを飲んで、再び立ち続けた記憶があります。

思い起こせば、私は新人の頃、居間でご飯を食べようと、仕切りになっていたカーテンをつかんだ時に、痛っ!と何かチクっとした大きな物を掴んだことがありました。
私は「誰だこんな所にタワシを置いたのは!」とムカッとしていたのですが、
カーテンめくって、わ!びっくり!
私がつかんだのはタワシではなく、座って電話をしていたイガグリ頭のHさんでした。
ひゃぁぁぁぁぁぁ!(;゚д゚))))))))
すいませんっっっっっ!!となった私は
笑いをこらえきれず、居間で転がって腹を抱えて笑っていました。

今思うと、その頃から目を付けられていたのだと思います。
本当にすいませんでした。(*_*;

でも、毎日ボロボロになりながらも必死で作画と戦う私に、コーンポタージュの缶を差し入れてくれました。
また、チェックの朝は誰よりも早く来て待っててくれたり、発送の為、車で黒猫ヤマトまで出しに行ってくれたり、ツンデレで優しかったです。


その④、M田さん
Mさんは、私が動画の時から「動画では食っていけないから、早く原画にあがりなさい」と気にかけてくれて、動画のうちから原画の事をいろいろレクチャーしてくれました。
当時、根は優しいけど締め切り間近でキレだす怖い作画監督さんがいたので、
怒鳴り声や物が飛んできたり、制作の人を座らせて怒鳴り、罵倒して謝らせたりしていて、今度はいつ私が怒られるかという恐怖と、作画の締め切りの恐怖と1人で戦っていた時に、優しくフォローしてくれた人でした。

精神面を助けてくれたし、作画監督やっていた人なので、よく修正を見ていたのですが、画力の上がるスピードが早く、絵の執着が凄くて、でもなるべくレイアウトの絵の良さを残すという善人さがなんか勉強になりました。
絵は人を表すのだなと感じました。
その後いろいろ教えてくれましたが、絶対に相手を非難せず、否定せず「僕も下手だからわかるよ」と腰が低く、なんて善人なのだろうと不思議で仕方なかったです。(笑)
M田さんは今、キャラデに名前が載っていました。



その⑤
h木さん
hさんは、本当にマイペースで最初は自分の殻に閉じこもって作画をする人でしたが、キャラクター愛、作品愛が凄い人で誰もが皆「上手い」と認めた人でした。
爆発や水のようなエフェクト作画も上手かったですが、キャラをよく読み込んでアクションも日常芝居も上手かったです。
作画監督もやっていた時はhさんの絵には総作監修正が入らなかったり、細かい所も原画に修正入れたりと作品愛が強い人でした。
ただ、気が乗らないと全然カットが上がらないのでスケジュールをいつもぶった切って2原によく回ってきました。
けど、四角い人形が動いているだけのすんごいラフの辺りなので、画力のあるhさんだからこの続きを描けるのであって、普通の人には出来ないレベルだったので、
「hさんの2原が出来たら1人前」という目安にいつしかなっていました。(笑)

スケジュールが無いとみんな作画の絵をふっとばして投げてきたりするのですが、そのたびにhさんは「みんな愛がないねん。締め切りとか言い訳やねん。」といって直していました。

たとえ5カットだろうと30カットだろうと、動画だろうと作画監督だろうと関係なく、キャラクター、作品に愛情を捧げられる人でした。

hさんが夏目友人帳で絵コンテ、演出をやった時、私は人生で初めてそのコンテを読んだだけで泣きました。カメラワークとかもコンテの描き方も上手かったですが、何よりもキャラクターの心情が強く表現されているコンテでした。
これは愛がないと出来ない技だと思います。
hさんには、作品に対する姿勢を学んだ気がします。

他にも沢山の人に、半面教師だったり、尊敬だったり学んだ気がします。

今思うと非常に貴重で充実していて、自分の感性を延ばす期間だったのかもしれません。

そして、みんな個性が強くておかしかったです。
みんなスタジオ抜けて大きい所行ったり、監督になったり、キャラクターデザイナーになったり、フリーになったり、辞めたり、会うことも無いと思いますが、元気で沢山絵を描いて居てくれたらいいなと思います。

4人とかいって増えてましたね。(笑)

何かこれを読んでる方の参考になれば幸いです。
私も沢山教えてもらったので、私が今度出来る限り教えられるようになれたらいいなと思います♪(*^^*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページhttp://redsuncat.youpage.jp/もしくはhttp://redsuncat.xxxxxxxx.jp/
作家支援サービスhttps://enty.jp/RedSunCat

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。