スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年マガジンへの持ち込み

今更ながら、数年前に描いた漫画、『碧の瞳』の持ち込みを
週刊少年マガジンの編集者の方に見てもらいました。

私自身、初めて描いた漫画なので全然満足していないのですが、
それでも、「ハートフルな漫画で、読者が感情を置いてきぼりにされずに、主人公を大切に描かれている」
と言ってもらえました。が、お世辞もあると思います。

課題も教えてもらえました。
①、画力が足らない。
   Gペンやトーンにまだ全然慣れてない。
   アニメーターは鉛筆で、Gペンみたいな細い線を描く練習ばかりをしていたので、
   そりゃそうだ。WW

②、目の書き方。
   もっと時間をかけて、白目の部分を描きこんだほうがいい・。
   私はキラキラ目が好きではなく、シンプルな顔が好きなのですが、
   感情を目で表現するには必要なんだと思います。

③、構成。
   途中の経過で間延びしてしまっている。(ああ、中だるみしてるときだな)
   途中の山場で、主人公の一面が見えたり、二人を引き裂くような場面があるとか。。。
   
   感情を会話(文章)で表現しすぎている。誰が見てもわかるような絵で表現することが必要。
   説明的になりすぎている。
   漫画の会話を声に出してみればわかりやすいが、会話がかみ合ってないことに気付く。

④、等


   三か月に一本は最低でも描き続けること。
   週刊連載  週P20~ 
   月刊連載  月P30~40


   あとは、たとえ連載したとしても、裕福に生活できる訳ではないこと。
   出版社は漫画家さんを生活させるために、原稿料を払っているわけでなく、
   単行本を出して、売れてもらって生活してもらうことが目的。

 
   私は、漫画に行くか、アニメに戻るか考えていると伝えると、
   漫画だとほぼゼロからのスタートなので、よく考えてください。
   みたいなこと言われました。

編集者の方は、夜21:00~の持ち込みにもかかわらす、嫌な顔一つせず、
たくさんのアドヴァイスくれました。行ってよかった。(^^)
やはり、見るところがプロなので、私が感じていたものを言われたので、
さすがだ!と感動。

次書くときはもっと意識して描こう。

  絵の描き方も変わりました。必ず毎日たくさん描くこと。と
 

 私はこのまま終わらない。

  もっともっと精進していきます!!

aoi1aoi2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様

うんうん
見て貰って話聞けて良かったね。やっぱぶつかってみないと分かんないよね。
どういう職場かは人見れば分かると思うんだよね。そういう人がいるって事は良い職場なんだろうね。
絵上手いね。こんなに上手いとは思わなかった(笑)
俺もシンプルな絵が好きだな。超絶上手いとしてもそれがイコール説得力のある絵とは言えないと思うし。
漫画だとやっぱり鳥山明の絵が好き。シンプルでごちゃごちゃしてないし、可愛らしさがある。やわらかさかな。キャラだけじゃなくて動物とか乗り物とか風景とかも。
冨樫義弘の幽遊白書の絵も好きだっなあ。普段軽く書いてる時もあったけどここぞって時のパワー。「あんたの全てをぶっ壊して俺が勝つ」ってセリフの時の目とか凄く好き。
もちろん編集者とか周りの人の意見も大事だけど自分の思いも大事にしてね。

ミスタンヘ

私、今でも絵だけで、食べてるんで一応プロですよ(笑)
もちろん、譲らないところは譲らないし、譲る所譲ったら編集者さんも呆れると思うよ。(笑)
アドバイス貰うってだけだよ、客観的に見てもらう為にね。
自分の足りない物がわかったから、
何をするべきか見えてきた。
頑張ろうっ。(*^-^*)
プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページhttp://redsuncat.youpage.jp/もしくはhttp://redsuncat.xxxxxxxx.jp/
作家支援サービスhttps://enty.jp/RedSunCat

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。