スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心が叫びたがってるんだ。」

「ここさけ」観てきました。
自分のやったカットは後半の方の、野球少年ダイキが、拓実くんに教室の教卓で怒鳴っている辺りの9カット。原画枚数大体250~300枚位描いたかな?

大変だったけど、思っていたより、よく動いてくれてて、ブレも動画に任せず、原画で割と大きいブレ描いたから、映えて見えていた気がする。 
走りも原画時に中割のアタリ入れたし、崩れては無かったと思う。
地味に教室のドアのガラスが透けていて、そこで走り込んでくる所も描かないといけなかったので、原画は結構描いたと思います。

表情も、総作監さん修正沢山入れてくれたし、音楽とも合ってて、いいシーンになってくれたのではないかな?と思ってます。
コロリドって会社名もでてたし、
私の名前も真ん中の列に書いてあって、
私に仕事振ってくれた制作さん、仕事した制作さん、作監さん、総作監さん、監督さん、他に感謝感謝です☆彡(*^^*)

昔バイトしていた映画館で、バイト仲間と観に行ったけど、なんか隣であっさみんが泣いていたから、おかしかった(笑)

随分前のバイト先だけど、今だにみんな覚えててくれてて、「観たよー!お疲れ様~!がんばってね!」って
各セクションの人言ってくれて、大して話したこと無い人とかでも、毎回感想言ってくれたり、なんか泣きそうになっちゃったよ。(笑)

描いてる物を全部棄ててしまおうかなって思ったりもしたけど、今日ここさけみて、皆にあって、背中を押してもらって、もうちょっとだけ頑張ってみようかなと思えました。

本当は凄く気が重くて落ち込んでたりしたんだけど、なんかいっぱい元気もらった(*^-^*)

あっさみんも早くその浮気男と別れて、良い恋しなされ。ってタロットカードが言ってます。(笑)

持つべきものは友である。そして仲間であると私は思います(*'▽'*)

もうちょっとだけ、、また描こう。
描けるもの描けないものより、描きたいもの、伝えたいもの、残したいものに重点を置いて描いてみようと。

今週また漫画家さんに見てもらうから、
描き直し四回目のこの作品を新しい気持ちで描かないとね。(笑)

自分で気付かないだけで、後ろを振り向くと自分の足跡に花は咲いてるものだなと。
そして、背中を押してくれてた人は沢山居たんだなって。そんな単純なものが、落ち込んで下ばっかり見てると、周りが見えない状況になって、気付かなくなるんだね。

今日はあっさみんありがとう(*^-^*)
いろいろ吐き出せてすっきりしたわ(≧◇≦)
浮気話めちゃ面白かったし(笑)
今度続き聞かせて(*^o^*)

うち頑張るわ☆彡

スポンサーサイト

漫画家さんとネームチェック

今日2人の先生にネーム見てもらいました。うん、前よりは少し進歩したかな。まだまだだけど。
45ページだと掲載は難しいそうな。
45ページの副大賞より19ページの佳作だったら19ページが載るらしい。
うむ…載らないと意味はないけど、中途半端に描きたくは無いなぁ…。
少女コミック系は特にページ数少なめがいいらしい。
私はマガジンかガンガンを進められた。

どうしても私はモノローグで説明してしまう癖があるらしい。文章で描いちゃだめなんだね。

ドイツのダビ先生はいつも通り細かくアドバイスくれる。ありがたや~。

もう1人中村先生は元アニメーターで漫画歴長いみたいで、コマ、ページの削り方教えてくれた。アニメみたいな方法じゃなくて、後は読者にお任せみたいな方法で補えると。
私のネーム読んでるとき、鳥肌がたった、と言ってくれた。
でも、私は全然納得してない。

どうしても俯瞰で物事を進めてしまうのだけど、漫画は主人公目線で描かないといけないし、共感を得ないといけないと。
あと、コマが多いと二秒で読んでしまうけど、大コマは五秒でじっくり読むと。
そこで時間経過を調節するのか……。
言いたいことを、起承転結の転にメッセージ込めるといいらしい。
絵が上手いと凄く言ってくれたけど、私自分の絵が心底好きになれない。
なんとかしたい。

物語よりも、主人公がどう生きていくかだと言うこと。
漫画は自分の心の中を読者に裸にして見てもらうから、恥ずかしがりやなひとは無理だって。
知らない人に自分の裸を見てもらう行為みたいなものと。
私の裸見たい人なんているかいな(笑)
と思いながら。

でも、指摘はさすが!合ってる。また切り直しだけど、今よりももっと良くせねば。(-ω-;)

なんだか不安と孤独感で寂しくなって、帰りに海見に行った。
どうせなら舞浜だ!ディズニーランドだ!
とディズニーランド駅に行ってみたり…

大体落ち込む原因の八割はお腹が空いているからなので、ハンバーガー食べて帰った。
舞浜駅は夢で溢れてる。
落ち込んだときはここにこよう。ミッキーが元気くれるから~。

振り出しに戻った、まだまだ道は長いなぁ。
みんな待っててくれるんだろうか……
私が居ても居なくても変わらない毎日に、私の必要性はだぶんない。
忘れてたりしないだろうかとちょっと不安になったりする。
……がんばろぉ。(ΦωΦ)


プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページhttp://redsuncat.youpage.jp/もしくはhttp://redsuncat.xxxxxxxx.jp/
作家支援サービスhttps://enty.jp/RedSunCat

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。