スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年マガジンへの持ち込み

今更ながら、数年前に描いた漫画、『碧の瞳』の持ち込みを
週刊少年マガジンの編集者の方に見てもらいました。

私自身、初めて描いた漫画なので全然満足していないのですが、
それでも、「ハートフルな漫画で、読者が感情を置いてきぼりにされずに、主人公を大切に描かれている」
と言ってもらえました。が、お世辞もあると思います。

課題も教えてもらえました。
①、画力が足らない。
   Gペンやトーンにまだ全然慣れてない。
   アニメーターは鉛筆で、Gペンみたいな細い線を描く練習ばかりをしていたので、
   そりゃそうだ。WW

②、目の書き方。
   もっと時間をかけて、白目の部分を描きこんだほうがいい・。
   私はキラキラ目が好きではなく、シンプルな顔が好きなのですが、
   感情を目で表現するには必要なんだと思います。

③、構成。
   途中の経過で間延びしてしまっている。(ああ、中だるみしてるときだな)
   途中の山場で、主人公の一面が見えたり、二人を引き裂くような場面があるとか。。。
   
   感情を会話(文章)で表現しすぎている。誰が見てもわかるような絵で表現することが必要。
   説明的になりすぎている。
   漫画の会話を声に出してみればわかりやすいが、会話がかみ合ってないことに気付く。

④、等


   三か月に一本は最低でも描き続けること。
   週刊連載  週P20~ 
   月刊連載  月P30~40


   あとは、たとえ連載したとしても、裕福に生活できる訳ではないこと。
   出版社は漫画家さんを生活させるために、原稿料を払っているわけでなく、
   単行本を出して、売れてもらって生活してもらうことが目的。

 
   私は、漫画に行くか、アニメに戻るか考えていると伝えると、
   漫画だとほぼゼロからのスタートなので、よく考えてください。
   みたいなこと言われました。

編集者の方は、夜21:00~の持ち込みにもかかわらす、嫌な顔一つせず、
たくさんのアドヴァイスくれました。行ってよかった。(^^)
やはり、見るところがプロなので、私が感じていたものを言われたので、
さすがだ!と感動。

次書くときはもっと意識して描こう。

  絵の描き方も変わりました。必ず毎日たくさん描くこと。と
 

 私はこのまま終わらない。

  もっともっと精進していきます!!

aoi1aoi2
スポンサーサイト

年賀状2015

来年2015年の年賀状のイラストこんな感じで決まりました。
今回はリアル系の顔にしました。
年賀状2015

星が生まれた日

私はここに降り立った

私、一人この星には一人しかいない

私は人を探し始めた

真っ暗で何も見えないわ

1人はとても怖い
独りはとても寂しい

私は靴も履いてない

冷たい

でも、この途方のない砂漠が少し心地よかった

この先にはなにがあるのだろう

怖い…

ずっとずっと歩いた

ここには私の足跡しかないのね

誰か生きていないのかしら?

みんなどうしているのかしら?

誰でもいい

淋しい

このまま闇に消えてしまいそう

やがて、オアシスが見えた

水があるわ

水があるのに生き物は居ないのね

この星にはわたしだけなの?

水面に人を描いてみる

すぐに消えてしまうわ



声が聞こえる

あなたは人に逢いたい?

たとえ、すべての記憶を失ったとしても。

もちろんよ

私は忘れない。
出会った人、同じ時を刻んだ人、同じ夢を追いかけた仲間、唯一無二の友人、尊敬した偉人、憧れた目標、
たくさんの愛した人たち、
愛してくれた人 
たくさんの想い出


忘れるはず無いわ

その記憶は私の心の一部、
例え忘れたって思い出して見せるわ

よい覚悟ですね。では、逢わせてあげます。あなたの愛する人たちに
記憶が消えても、探すのですよ
決して、忘れてはいけません。

すると、オアシスから光が満ちた

彼女は吸い込まれるようにオアシスの中へ歩いていった

やっと会えるのね。

暗い暗いこの世界が、一瞬にして光に包まれる

眩しい…

上手く呼吸ができない


記憶が消えていく……



初めまして。

あなたは今日この世に生まれました。

懐かしい様な…
貴方は私がずっと逢いたかった人なのね。

何か思い出さなきゃいけないのに、
眠くて眠くて……
消えていく……
あぁ……






月日は経ち、砂場に足を入れる
なんだか心地よくって、何かを思い出す

私何かを思い出さなきゃいけない気がして……

砂場に水溜まりを作る。
太陽の光がキラキラと私の瞳に反射する

そうか……私…

探しに来たんだ

出会った人、同じ時を刻んだ人、同じ夢を追いかけた仲間、唯一無二の友人、尊敬した偉人、憧れた目標、
たくさんの愛した人たち、
愛してくれた人


私だけが探しても見つけるのは難しい

だから、私が目指す夢に反応する人が居れば、きっとその人が、探していた仲間だ。

先を目指そう



私はこれが何回目だろうか…

でもきっと、私で在るのは一回限りだ


前の世界では見れなかった先の先

次こそは見るんだ、この目で
仲間と


君は気づいてる?
忘れてない?思い出して。
仲間に会いに行かなくちゃ、

君の目指すその先に、きっと逢いたかった仲間が居るはずだ

次はもう1人じゃない

一緒に見つけにいこう。

星が消えるまでに

アニメーターとゲームデザイナーの今

最近は忙しい。アニメーターの時ほどではないが、ゲームデザイナーもそれなりに忙しい。
ゲームを買い取ったらしく、引き継ぎと作業と平行で普段のデザイン作業がある。
でも、給料はアニメーターの時の四倍以上だ。
アニメーターがいかに低かったか。(笑)

アニメーターの時、給料の三割を会社運営費に引かれて、⑩%を先輩にチェックしてもらうチェック料を自分の給料から引かれていた。

しかも、会社で自販機を運営してて、その管理をやらされていた。もちろんお金は出ない。

今思うと本当有り得ない。

クオリティの高い劇場やオープニング等の作品が多く来ていたので、時間がかかって枚数もこなせなかったけど、動画は月300枚近く描いていた。
けど、動画の時は給料月2千円~3万の間で一人暮らしをしていた。
手取り50%以下になるからだ。
家賃が当時、3万8千円。
足りないため、貯金を切り崩し、お金を借りていた。
毎月4万くらいの大赤字。
アニメーターをやればやるほど大赤字。

しかも、徹夜を3ヶ月くらいずっとやり続け、急性胃腸炎になって倒れこみ点滴を打ってもらったりした。

一日中トイレから出られず、死ぬかと思った。

意識を失ったこともあった。

毎日朝日がでる頃に家に帰り、午前中起きて、また作業の日々だった。
若さがないと出来ない。(笑)

朝ご飯はコップ一杯の牛乳。
お昼はコンビニで一番安いお弁当を買い、半分に分け、
半分を昼ご飯、残りを夜ご飯。
夜食は、冷凍しといたおにぎりとインスタント味噌汁アンドコーヒー。

私はアニメーターになって、初めて栄養失調になった。(笑)

こんな生活が四年続き、耐えきれずに実家に帰り、実家から往復三時間かけて、別のスタジオに通った。
交通費が全額出ないため、
交通費削減と時間短縮のため、週の半分は自宅作業にした。
その生活が三年。

確定申告をすると、余りに収入が低いので脱税していると疑われるか、カナリ下に見下されてきた。

本当、なんなんだよ!こんなにも努力しているのに!
と泣いた(笑)


私は漫画家になろうと思い、ネタ帳をずっと描き続け、少しずつプロットを描き始めた。短編のネタが固まり、ネームを描き始めたとき、アニメーターを辞めた。
お金がないと人は心が狭くなるのか、オツボネさんは軽いカットばかり取って重いカットを沢山押し付けられた。
演出さんも自分の理想とは違うカットが上がってくると、理不尽な内容でも簡単にリテイク出してきた。自分でかけないくせに。
色々限界だった。

お金を貯めるため、今ゲームデザイナーをしている。
けど、やっぱりアニメーター辞めると、
アニメっていいなって思う。

今は自分でアニメ作ろうと、二分半のアニメ作り始めた。

本当に楽しい。
今まで仕事ではこんなに自由にやらせてもらったことはないと思う。

私はアニメが好き。改めて。
今までにない作品を作りたい。

監督になりたい。

最近はその思いがますます強くなった。

背景塗り

フォトショップで背景とか厚塗りの勉強を始めました。手塗りと違って、色んなツールを知ってないとうまくいかない。
今年賀状のイラスト描いてます。
おすすめの背景本はこれ。
っというか、これしか持ってないけど(笑)

死んだあと

人はいつか死ぬ。
人類はこんなにも長く生きていたのに、
未だに死ななかった人はいない。

死は恐いもの、と本能に埋め込まれているが、たぶん本当は死んだ後より、死ぬのかもしれないと思っているときが一番恐ろしいのだろう。
遠足に行くよりも、遠足の準備をしている前日の方が楽しいことと同じように。

そして、死んだ人よりも
残された人の方が悲しい。

死んだら終わりだけど、
残された人達はまだ先を生きなければならない。
あなたは自分が死んだあとの人の事をちゃんと考えてる?

何を遺せるのか。
自分を失った、悲しみを背負う、
過去に関わりを深く持った人の為に。
感謝の恩を。

何を遺したいと思う?
何を遺せると思う?

私は、自分が死んでも、十年後も百年後も人のために遺る何かを作ろうと14の時に決めた。
自分にできる事は何か…

『人の心を動かす作品を作ろう』
絵を描き続けようと思った。

私にはそれしかない。
絵を嫌いになったり、何回も逃げたけど、やっぱり戻ってくる、
ここは私の居場所。

私がそんな気持ちになったのは、
手塚治虫さんの漫画『ブッダ』を読んだ影響と、なんと言っても宮崎駿さんの作品に出逢ったからだ。
中でもマンガ版『風の谷のナウシカ』
は、今後数百年はこのマンガを越えるものはないと確信した。

人のために生きる主人公は強く、そして、美しかった。
深い思いやりと、真っ赤な愛を感じた。
この主人公を描ける宮崎さんは、
人に伝えるためにいつも苦しみながら悩みながら、病みながら描いていたのだと思うと、なんで、人の為に此処まで出来るのかと、涙が止まらなくなった。

彼の作品に答えが全て描いてある。
彼自身が感じ、考え、導いた
答えを隠すことなく教えてくれる。

普通、自分で考え抜いた答えは人に教えないものだ。

それでも、その人の役にたつから教えてくれるのだろう。

それだけでも凄いこと。

私は同じ立場になって、より彼の凄さを痛感している。

彼を越えることは出来ないだろう。
だけど、同じ想いで作品を作り続ける事は出来る。
どんな形でも、気持ちは伝わるはずだ。

私が遺したいもの、
それは『気持ち』。

気持ちは形がない。だから、私は絵を描く。
気持ちを形に出来るもの。

あなたはちゃんと形にしてる?
言葉でもいいんだ。
音楽でもいいんだ。

いつか消えて無くなるから。

消えないように形に残そう。
プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページhttp://redsuncat.youpage.jp/もしくはhttp://redsuncat.xxxxxxxx.jp/
作家支援サービスhttps://enty.jp/RedSunCat

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。