FC2ブログ

漫画持ち込み①

持ち込み行ってきました。
二本目でプロットから書いたのは初めてなのに、いきなりプロレベル、もしくはそれ以上の事を求めてくるんだと言うことがよく分かり、
いろいろ言われましたけど、良い出会いもいっぱいあって名刺も頂けたので、
結果的にはオーライです。(*^^*)


①社…K談社
①誌目…YM
電話でペンネームも言っていたのですが、事前に私のことを調べていたらしく、ホームページみましたよ!って言ってくれて、えぇ!?って感動するくらいスッゴいビックリしました。
漢字言ってないのに出るわけ無いので、熱心に調べてくれたんだと思います。
漫画を読む前に作者のことを調べてくれる編集者の方は初めてでプロ意識の高さを感じました。
コーヒーを入れてくれた人も初めてで、編集者の方が漫画を読んでる間も雑誌持ってきてくれて、凄い親切な方でした。コマワリが細かすぎるって言われて、でもほぼ一本目でこのレベルは凄いです、次はどんなの描くんですか?って興味津々で聞いてくれて、良いですね~見せてくださいね~って名刺渡されたのがとても嬉しかったです。

名刺を渡すという意味はバクマン。では=担当付きとは言っていたので、本当かは解りませんがめちゃくちゃ嬉しかったです。(*^^*)

作者に興味を持ってくれるという事は、作品にも興味を持ってくれるということなので、この人となら良い作品が作れる様な気がしました。

②誌目…週刊少年M
長く少年誌を見てきたんだろうなぁ~という感想で、言っていることは的確でした。お話の作り方にもいろんな種類があって、その中でも私はファンタジー人間ドラマが描きたい人なんだと気付かせてくれたのが、良かったです。一歩ずつ目標を達成するように、とにかくたくさん漫画を描くようにと言われました。
はっきりした人でした。


②社目…S英社
③誌目…JSQ
良いところと今後の課題をはっきり言われました。デジタルなのにアナログみたいに描ける線はいいと思うと。
この雑誌は中高年向けだからキャラや小物のデザインも新しいデザインをどんどん取り入れないといけないから、デザインとかももっとこだわってくださいねと。ターゲット層に合ったものでないと。など
いそがしかったのか、さばさばした人でした。

④誌目…週刊少年J
ここは記念に持ち込みしようと思ってただけでしたが、唯一紙に連絡先や漫画の反省点とか今後どんなものを描きたいのかとかの紙渡されました。
ボロカスに冷たい対応されると思っていましたが、凄く熱い方で、こうするともっと良い!とか少年誌の系統はこうだ!とかいっぱいアドバイス貰えました。そして次回作も是非見せてくださいと名刺頂けて、リアルバクマン。じゃあ~!とウハウハしてました。(笑)

⑤誌目…kokohana
女性誌です。少年誌向けとはいえ恋愛物を描いたのでどんな意見かなと聞きたかったのです。
行ってみると、頭がパーマの宇宙兄弟のムッタみたいな人がジャージ着て出て来て、ビックリしましたが。(笑)

最後の方タメ口で居酒屋でする話のような感じになって、
男は何もしないでモテたいんだよ~って言ってて、バレンタインの話とかになって、人間味溢れる方でした。(笑)
面白ければいいんだから、恋愛物じゃなくて良いから持ってきてねって言われました。編集さん面白かったです(笑)

色んな人の意見を聞くのは、自分の特徴を知ることでもあり、武器を見つけることでもあり、欠点を知ることでもありました。
自分では気付けないことに気付いたことがたくさんあって次描くときは、ちゃんと雑誌を決めて、傾向と対策を練って、もっと上手くなって成長したいと思います。

次はサムライと僧侶の話を描くのじゃぁ~(^ー^*)次は担当さんと一緒に考えながら練りながら作れると良いなと思います。

来週もまた他社へ行って自分にはどこが合っているのか行って参ります。

皆さんも漫画もアニメも頑張りましょうっ!続けることに意味があるのです~。

続く…

2015年を振り返って

今年は本当にいろんな人との出会いの年でした。
去年の12月にゲーム会社でのんびり有意義に過ごしていた私は、
別の大手ゲーム会社のお誘いもあり、ゲームのキャラデザのお誘いも有って、ゲーム会社を今年の頭に受けるつもりでした。
色んな会社を探しているときに、
アニメ会社の募集を見ました。
「再びアニメかぁ~。でも2ヶ月だけなら気分転換にいいかも。」と思い、せっかく会社応募用にポートフォリオを作ってあったので、どうせ落ちるやろと軽い気持ちで送っていました。
で、そのままゲーム会社受けるつもり準備をしていたらメールが届いて、会って話をしましょうという事でした。
他社のアニメスタジオに行くチャンスも滅多に無かったので興味本位で行きました。デジタル作画がどんなものか、知りたかったのも有ったのです。

それから私は3ヶ月働くことになりました。スケジュール遅れ過ぎてとんでもない状態でビックリして、今まで携わった作品の中でも困難だったと思います。
とにかく落とさない事を一番に考えていました。
昔、テレビ版で落としかけたとき、当時社長のI藤さんに「落としたら一億数千万の、借金を背負う」と本当かは分からないのですが、言われていたので、記憶が蘇りました。
忙しさのあまり、契約が1ヶ月延長して、ゲームのキャラデザの仕事と被ってしまい、キャラデザの仕事は中途半端になってしまうのでお断りしました。
メインキャラデザだったので、やってみたい気持ちは有ったのですが、後悔は無いです。
私は根っこは絵師では無いですし、
またご縁が有れば来るでしょう。
M山さん、また声掛けて下さいね~(*^^*)

でも、私の中でアニメーションというカテゴリーは闇の彼方へ削除したのに、
再びアニメ出来たこと幸せだったし、
色んな人と有って刺激的だったし、
何よりもアニメ制作として楽しいと思えたのは初めてだったのかもしれません。

アニメーター七年やってて、今まで義務感で仕事してたんだとわかりました。

再びゲーム会社に就職して安定しようと考えていた私は、描く楽しさを学び、
まだ若いんだから安定なんて求めちゃダメだ~まだ伸びるんだから、やりたいことあるんだから諦めちゃダメだって思い始めました。

そうして、アニメ会社を去った後漫画をまた本格的に勉強しようと決めました。
前に一本無知のままてきとうに完成させた物ではなくて、ちゃんと読者のことを考えて考え抜いた作品として世に出さねばと描きまくりました。
ネームは今現在でも10回は描き直しました。
最終的にどんな形になろうとも、どんな結果になろうとも得た物が大きいので構わないと思っています。
誰かを巻き込んでいるわけでもないので、私1人だけの問題で済みますし。

でも、後二本、サムライ物とSF物を描きたいと思って、溜め込んでいたので、放出させたいなと思ってはいます。

秋くらいに、漫画家の佐藤秀峰先生のネーム会に二度参加させてもらって、いろんな漫画家さんやデビュー済みの方などの方のネームを拝見できて刺激的でした。
私はアニメ関係の知り合いしか居ないので、漫画関係の知り合いが出来て刺激だけでなく、向上心を貰えましたし、何よりも自信無くても胸張って自分の作品作ればいいんだって教えて貰いました。
皆さん自分からネームを見せてくださいとたくさんの人に声をかけていて、そのハングリー精神が潔く、私もこうあらねばと思いました。
こういう機会を作ってくれる先生に感謝もしていますし、自分の後のバトンの受け渡しのことも考えてくれて、本当に心の広い方なんだなぁと感じました。
先生自体も、仏様みたいにとっても良い人でした。(*^^*)
自分もいつかこんな人になれたらいいなと。

いろんな人と縁が交わった一年だったと思います。なんか自分の中で再びなにかが始まったような、発動したような…。
そんな一年です。
来年は結果が残せればいいんだけど…。
でも焦りは良くないので、マイペースに頑張ります(*^^*)

初漫画アシスタントもいろんな所でやせてもらったし…
本当いろんな人に頼って、教えて貰ったり、迷惑もかけたけど、信頼関係がある人には頼ってもいいんだと言うことを知ったし、何よりも自分は何が描きたいのか、伝えたいのか、自分の芯の所に気付いた気がして少しずつ形になっていってるのが嬉しくもあります。

でももっと描きたいし、勉強したい。
悩みは沢山あるけども。。。 
今すぐではなくてもゆっくり考えていこう。


とにかく皆さん2015年お疲れ様でした。
2016年もどうぞ宜しくお願いします!





絵を描くこと漫画を描くこと

絵を描くという行為は、人と付き合う事と似てる気がする。
子供の頃はただ描くことが好きって理由だけ。大人になるとなぜ、絵を描いているんだろう?って気になりだして、
そのうち自分にはこれしかないとか思ったり、もっと上手くなりたいとか高め合いたいとか。付き合う理由を探したり。

手を止めたら価値のない奴になるとか責めてみたり。
そのうち関係がぎすぎすしてきて分かれたりとか距離を置いたりとかまた戻って描いてみたり。
人間関係と似てる気がする。

恋人を描くようにキャラを愛でて描く人はやっぱ、愛情深いと思うし、
細かく丁寧に細部まで描く人はちゃんと相手を理解しようとするはずだから、気遣いしてくれたり、付き合い長くなったり?
勢いとか雰囲気でさらさらって描く人は気まぐれだったり直感やフィーリングでつきあったり……?
これは私の偏見かもしれないけど。
これは恋愛の意味だけでなく、人付き合いの意味でも。


最近漫画アシスタント再びやらせてもらって、(前回はヤングジャンプ、今回は少女コミック)
知ることが沢山ありました。

アニメと漫画の線のちがいとか、求められているものの違いとか。
どちらにしてもコミュニケーション能力が無い人、変なプライドを頑なに守ってる人は出来ない職業だと思います。

線で言うと、アニメはクロッキー、漫画はデッサンです。(今更気付いたのかよ。笑)アニメも漫画もスピードが求められる事は変わりませんでした。

漫画家さんも命がけ。休みは元旦のみだと言っていました。打ち切りにならないように、原稿を落とさないように、毎日孤独と白い紙と戦いながら描いているのだと思います。

私の漫画の進行状況はと言えばやっと折り返し地点に来たと思います。
来年1月には完成するんじゃないかな?

たぶんまた、編集者さんにいっぱいダメ出し食らうと思うけど、1作目よりはマトモになってることは確か。いろんな方にアドバイスもらったお陰です。

自分の描きたい物語と描ける物語との違いに改めて気付かされて、
自分の記憶の中の引き出しを探しまくって…
そしてどうしても恋愛絡んできちゃうんだなって……
女の先生曰わく、「女は感情の生き物だから割り切れない」って言われて、そうかもなって……。

Web漫画の売り上げも上がっているので、Web漫画にも強い出版社がいいよって言われました。
好きなように描かせてくれる出版社と、自分のすきな出版社とどっちがいいんですかね?
って問に漫画家さんは「正解は無いけど、自分の好きな出版社で描いた方が自分がこの雑誌で描いているんだから。って気持ちで最後まで頑張れると思うよ」って言われて、
何十年も漫画描いている人の言葉は私に重く染み込みました。

私はこもってひたすら漫画を描いているので、時々頭がおかしくなります。
現実と物語の境目があやふやになるときもあって、これは幻覚か?って思う時はさすがに自分きてるな!って自分でも心配になります。
薬はやってませんから!笑

悲しいシーンを描いているときは気付くと泣いていたり……
心がキリキリと痛みます。

そんな時は、人の声を聞くことで戻ってこれます。だから火曜の深夜は爆笑問題カーボーイを聴いて現実に戻ります。
あたしこの時代に身体、有ったんだなって再認識……。
(来年こそはまたメール沢山読まれて、カーボーイリスナーのオフ会に参加したい!)

こういう話を分かってくれる友人も少ないので、大概の友達は「あんた何言ってんの?笑」って言われるので絵描きの人にしか話しません。
それでもよく「不思議ちゃん」とか「ぶっ飛んでる」とか言われてます。(笑)かなぴい。

私はどこへ向かってるのかよく分かりません。
ふわふわしてます。
もうどっか誰も知らない異国に旅立ちたい!と急に思い立ったりしてますが、ビザが切れそうです。

でも、きっとこの漫画を描くことで自分はどうしたいのか答えが出るような気がしています。
今まであやふやにしていた仕事のことや、ちゃんと考えなきゃいけないことに、向き合える気がします。

向き合う度に自分って本当ダメなやつだぁ~って思いながらも、それでも前に進まなきゃって、ただもがいてるだけなのかもしれません。

それでも描きたい物は最低でもあと2つは有るので、そのためのステップアップになったらいいかなと思います。

私は漫画を描くことでずっと「答え」を探しているんだと思います。
見つからないから描いているんだと思います。
いつか見つかるかな。

見つかった時、「答え」をぶっ込んでいきたいなと思います(*^^*)

誰かに期待されている訳でも、完成を待ってる人も特に居ないので、マイペースにやれれば良いかな……と。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
おやすみなさい。(*'▽'*)




漫画家さんとネームチェック

今日2人の先生にネーム見てもらいました。うん、前よりは少し進歩したかな。まだまだだけど。
45ページだと掲載は難しいそうな。
45ページの副大賞より19ページの佳作だったら19ページが載るらしい。
うむ…載らないと意味はないけど、中途半端に描きたくは無いなぁ…。
少女コミック系は特にページ数少なめがいいらしい。
私はマガジンかガンガンを進められた。

どうしても私はモノローグで説明してしまう癖があるらしい。文章で描いちゃだめなんだね。

ドイツのダビ先生はいつも通り細かくアドバイスくれる。ありがたや~。

もう1人中村先生は元アニメーターで漫画歴長いみたいで、コマ、ページの削り方教えてくれた。アニメみたいな方法じゃなくて、後は読者にお任せみたいな方法で補えると。
私のネーム読んでるとき、鳥肌がたった、と言ってくれた。
でも、私は全然納得してない。

どうしても俯瞰で物事を進めてしまうのだけど、漫画は主人公目線で描かないといけないし、共感を得ないといけないと。
あと、コマが多いと二秒で読んでしまうけど、大コマは五秒でじっくり読むと。
そこで時間経過を調節するのか……。
言いたいことを、起承転結の転にメッセージ込めるといいらしい。
絵が上手いと凄く言ってくれたけど、私自分の絵が心底好きになれない。
なんとかしたい。

物語よりも、主人公がどう生きていくかだと言うこと。
漫画は自分の心の中を読者に裸にして見てもらうから、恥ずかしがりやなひとは無理だって。
知らない人に自分の裸を見てもらう行為みたいなものと。
私の裸見たい人なんているかいな(笑)
と思いながら。

でも、指摘はさすが!合ってる。また切り直しだけど、今よりももっと良くせねば。(-ω-;)

なんだか不安と孤独感で寂しくなって、帰りに海見に行った。
どうせなら舞浜だ!ディズニーランドだ!
とディズニーランド駅に行ってみたり…

大体落ち込む原因の八割はお腹が空いているからなので、ハンバーガー食べて帰った。
舞浜駅は夢で溢れてる。
落ち込んだときはここにこよう。ミッキーが元気くれるから~。

振り出しに戻った、まだまだ道は長いなぁ。
みんな待っててくれるんだろうか……
私が居ても居なくても変わらない毎日に、私の必要性はだぶんない。
忘れてたりしないだろうかとちょっと不安になったりする。
……がんばろぉ。(ΦωΦ)


週刊連載アシスタントを終えて…

週刊連載のヤングジャンプ漫画家さんのアシスタントをやらせて頂きました。
すごくみな様良くして頂いて、先生もとても親切で、「陽ちゃん」と皆様呼んで下さいました(*^_^*)
アニメの話をたくさん聞かれて、興味おありなのだと思いました。

一番ビックリしたのは、別の連載を持っている漫画家さんもアシスタントとして、お手伝いされていた事です。
手が早いんだなーと。
いきなり丸ペンにて、背景を描かせて頂けることに。ありがたや…

これがこのまま雑誌に載るんだな~と思うと緊張と興奮で頭がぐるぐる…
城の内部の柱辺りのコマを描かせて頂き…教えてもらいながら。

私を教えて下さった、米様はマガジンの方で連載されていたそうで。
教え方もうまいし、とても親切で、なにより上手かったです。(笑)

漫画アニメでは描き方がやはり違います。

アニメも背景の原図もたくさん描きますが、漫画のようなタッチで描くと怒られたり、
美術監督がいるのでその方に細かい所はお任せしたり。
なりより、作画打ち合わせや美術設定が有るので、勝手に描けない。
被写体との距離や消失点も何となく描くとリテークになるし、演出、作画監督、監督、美術監督、その他いろいろな人の
チェックが入るので、少し絵が変わってたり…。
キャラクター描くことがメインになるので、そこも異なる点だと思います。

逆に漫画は、先生にイメージ描いてもらって、そこから下書き、チェック、ペン入れ、チェック。
割と自由に描かせてもらえるというか、自分の絵がそのまま出る率が高いというか。
その分責任感増すというか…
あるものを描かないで表現する描き方は漫画独特だなと。
白黒も線でつけるので、密度が重要、描きすぎないとか、
地面に設置してる面は太く細く、空気に触れる面は細く薄く、描かない等。
また、少年誌で生える描き方等。

今まで考えてきた描き方とはまた違う、
すっっっっっっっごく勉強になりました。この背景の描き方はイラストにも通じる、メリハリのある描き方。

すごくわくわく興奮止まりませんでした。

勉強しに行っている役に立たない私にも、先生は日給払って下さいました。罪悪感で死にそうになりました(笑)

漫画がすごく身近になりました。

そして週刊で量産している先生もアシスタントさんもハードで、集中力すごいと思いました。
私、すぐ横になりたくなるから見習わないとだ……

貴重な経験でした。お盆休みになってしまう様なので、また機会がありましたらやらせて頂きたいと思います。
(*^_^*)

ちなみに個人制作アニメのyuutubeのurl…https://www.youtube.com/watch?v=nn0il6mYjjQ
誰も見ないと思いますが貼っておきます。第二部、男編も時間があれば作る予定。

丸ベン練習しよー。
そして、ジーパンがきつ過ぎて、軽度のぎっくり腰になったかも。突然痛みが…
接骨院に行きましたとさ

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページ http://redsuncat.wixsite.com/redsuncat
twitter https://twitter.com/RedSunCat

作家【漫画家・アニメーター・ソシャゲアートディレクター・イラストレーター・絵コンテ】etc…

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR