スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメ漫画③~エッセイ編~みちくさ日記~道草晴子さん

13才でヤングマガジンのちばてつや賞を取って二十歳まで精神科病院に入院していていて現在3?才の道草さんのエッセイ。なんかとっても感動しました。(^_^)/
いつか道草晴子さんにもお会い出来たら良いなと思いました。


単位が足らず高校が卒業出来なかったと描いてありましたが、私が専門学生の時一個上の年のモーさんという人がいて「一年フリーターとかしてたの?」と聞くと「出席日数が1日足らなくて留年した」と言っていました。
「え!?」となにか聞いてはいけないことを聞いてしまったのかなぁと思ったけど、モーさんは「出席日数1日計算ミスったんだよね。3日遅刻すると1日欠席扱いになるなんて知らなかった」と言っていて、面白すぎて吹いてしまいました。(笑)
もーさんは入ったときからべらぼうに上手くってプロ並みで、常に絵を描いていて、高校休んで絵を描いて居たようです。
専門学校でも遅刻魔でマイペースで卒業制作もマイペース過ぎて完成してなくて、月1000枚原画と動画描かないと卒業出来ない佳境に立たされて、なんとか卒業出来たようで良かったです。
でもその作画にカラスが居たんだけど、『同トレスブレしててガタガタしてたんだけど何か意味有るの?』って言ったら『ブラしたつもりはない』とどや顔して言っていてとっても面白かった。ヘ(^o^)/
月1000枚描くのは当時の紙で20センチ位の厚みが有ったよね?大変だったろうなーと思ったけど、私達も卒業制作で2、3ヶ月でトータル2000枚以上描いたなぁと思った。

それでもモーさんは私の中で伝説で今でも忘れられない数々の伝説を残してくれました。笑
背景の授業で私の筆にカビが生えていて、ゴミ箱にすてたはずなのに、なぜかその筆がモーさんの筆箱に入っていたと言う……(笑)

天才的に上手いモーさんは結局協調性が無さ過ぎて(?)アニメーターにはならなかったんだけど、「何でアニメーターやらなかったの?」って聞いても「アニメーターなんかやるかよー」って言ってたのが面白くって、神様才能与える人間違えてるんでない?って思いました。(笑)
スポンサーサイト

この漫画は凄いのだ~エッセイ編②~人間仮免中

眠れないので描いとこう。

前にラジオで紹介されていたエッセイ漫画なのだけれど、漫画家さんが統合失調症?って病気だったかな?
そんな病と前向きに戦うお話なのですが
とにかく圧巻っ……!

ある日歩道橋の上から道路に向かって飛び降りて救急車に運ばれて顔面骨折したり大変なことになっているのに、これは漫画になるなと自分の顔を模写をしたってのが凄いです……。
実話ですよ。病院での入院生活が描かれているのですが、幻覚が見えたり幻聴が聞こえたりする病らしいのですが、戦ってらっしゃって凄いなぁと思いました。
確か【この漫画は凄い大賞】に選ばれていた気がします。
いや壮絶な人生を歩まれていらっしゃる人の言葉は重いです。

今はどうされていらっしゃるか気になりますが、病が良くなることを心より願っております。(>_<)


この漫画は凄いのだ~おすすめ~エッセイ編①~山田雨月先生

『ふいにたてなくなりました』山田雨月先生

去年新宿で山田さんの個展を見に行った時にメルヘンチックな可愛いキャラのイラストを描かれる、ステキなイラストレーターさんだなぁと思っていたのですが、この漫画を読んであの時既に難病にかかってらっしゃったんだと思うと泣きそうになりながら読ませて頂きました(>_<)

直接お話したときは普通の人と何にも変わらないしむしろとても明るく話して頂いたのに大変な頃なんだなぁと思いました。
皮膚筋炎という難病を初めて知ったのですが、長期入院したり、検査したり薬飲んだりご家族の方も何よりも本人の方が大変だなぁって思ったら泣きそうになります。長期入院ってご本人もご家族も本当に大変ですよね。(>_<)
発覚から退院、そして前向きに病気と向き合って生きていく過程を描かれている漫画です。健康ってどんなにありがたいことなのかってしみじみ感謝する、実話のエッセイなので、良かったら是非お読み下さい~!


イラストはメルヘンチックな感じでふわふわ可愛く凄く好きです。ポストカード買いました~~(>_<)


絵を描く上で凄く為になったオススメ本(初心者編)

パース塾。1、2、3とか四冊出てるけど私は1がとりあえず有ればいいと思う。
これは私がパースのパの字も分からず、二点透視を一点透視で描いたらどうなるのか?とか人間が消失点掴んだらパースはどうなるのか?とか訳わからない質問を先輩にしていてお手上げだった。
(今はちゃんと理解して仕事しているよ。)
色んなパースの本読んでも全く分からなかったけどこれを読んだら小学生でも分かるように解説してあってやっと理解できた。

まるで進研ゼミの解説のようです。
これは本当おすすめ~。
レンズや画角などのもっと専門的な深い内容で新しくでたらいいのにな。

※画像を押すと詳細にとびます。
  


人物編
「人間を描くのって楽しいね」の本は元々ネットでフリーで解説されていただけで、同人誌みたいな感じでネットで売られていた。
でも人気がでてやっとちゃんとした出版社から出てくれて買いやすくなって良かった。これも小学生でも分かりやすいように描きやすい方法を教えてくれている。

やさしい人物画はだれでも持っていると思うけど、このジャックハムさんの赤い本は腕とか足とか全体よりも細部の描き方、解説になっている。これもいい本だと思う。アニメーターの先輩はみんな持ってた。
    


動物としわ編
動物の描き方だったらこれが安くていい本だと思う。ディズニーちっくな動物も載ってたりするから、幅が広いと思う。

シワの描き方の方はオールカラーの写真が載ってる感じで参考に良いと思います。意外にシワって意識しないと見てないし描けないんだよね。
 

とりあえず絵はひたすら描くことだと思います。とにかく質のいいものをたくさん描くこと、それしか上手くなりません。
情報を入力して頭で変換して、そして紙に出力する。それの繰り返し。






プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページhttp://redsuncat.youpage.jp/もしくはhttp://redsuncat.xxxxxxxx.jp/
作家支援サービスhttps://enty.jp/RedSunCat

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。