スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シン・ゴジラ 4Dでみた感想(ネタバレ注意)

まず、4Dが凄かった。椅子が動くのと振動凄いし風も雨も煙も照明もあるのね。
横panしてる時も、ヘリコプターから俯瞰で撮ってる映像も、まるで自分が撮ってるかのように椅子を傾けたりして重力感じました。
これは3Dメガネを掛けないディズニーランドのスターツアーズみたいなアトラクションですね。
料金は一般料金+1000円なので、2800円。レディースディとかは2100円と言うことになります。結構高いのでやすい日に見られると良いと思います。

水が結構な量だったので普通に小雨みたいで濡れて寒くて凍えてました。(笑)
あと、風結構びっくりして声出そうになるので一人で行かない方が良いと思います。ちょっと怖いです。
私は高校生の鳩子と行ったんだけど、鳩子は普通にびっくりしてました(笑)


ゴジラの感想は面白かった。
ゴジラ自体ちゃんと見たこと無いのでいつもどんな感じなのか分からないですが、庵野監督独特のいつもの闇を描かれていて私は好きでした。
首相官邸内の風景や内閣の様子や条約など凄く調べて表現されてて、それはエヴァの時も思ったけど、お堅い世界の事情が細かく設定されてて凄いなと思います。得意分野なのですかね?
どうやって調べてんのかなぁっと気になりました。

庵野監督の作品って謎を解き明かしていく系の話が多いので最後までハラハラどうなるのか分からない楽しさと、ブラックボックスの多さ、そして終わり方が次につながりそうな感じで終わるのが多いかなぁとおもいます。
私もマンガ描くときにここはブラックボックスって事で想像して下さいって亭で描いてたら、編集さんに説明不足で気になると言われたので、ブラックボックスでも何かヒントを入れとかないといけないんだなぁと勉強になりました。

でも盛り上げ方の演出やアクションの見せ方はさすがだなーと思います。
観客の感情、盛り上げ方、持って行き方の計算が宮崎監督みたいに上手いなぁっと。
でも庵野監督って必ず残酷さを表現してますよね。人が死んだよ、悲しいでしょ!?って感じではなくて、さらっと人は簡単に死ぬんだよ、あっさり逝くんだよ。みたいな。冷酷さというか、人生結構あっけないよ?人間なんてそんなもんだよ。
みたいな。

劇中の曲がエヴァと学生時代に作られた、じょうぶなタイヤの曲が使われてたりして、コンテとか描いてるとき曲で観客の気持ちを盛り上げる時何の曲なら合うだろうかって、知ってる曲の方が完成系が想像しやすかったんだろうなと思いました。

ゴジラについて、最初に出て来た第一形態の時のゴジラがキモカワイイ感じでなんか本当に怖かった。
ここCGだなぁとか明らかに分かってしまう所があるのは今のCGの限界なのかもしれませんね。
それにしても戦闘機とかいっぱい出てきて、男の子が好きそうなものばっかりだなぁってワクワクしてるんでしょうね。(^^)

細かい所で有名な俳優さんでててお!ってなりました。
一瞬でもったいないと思いましたが。
石原さとみさんの日本語と英語が混ざった言葉の時の英語がなんか違和感を感じました。海外で演技もされてる菊地凛子さんとかなら流暢な英語でしゃべれたと思うのにな…
やっぱ石原さとみさん人気だから起用したのかしら。
唇暑いのにいつも目がいってしまって、私とどっちが厚いんだろうと気になってしまう(笑)
私の場合厚すぎて卓球の試合中、グロス塗った唇に卓球の玉付いたくらいだもんなぁ。

そして、最後のシーンのゴジラの尻尾のあれはなんでしょうか?
人?人がゴジラに吸収されたのでしょうか??怖かった。
ゴジラを作った科学者達がなんかが食われたのかな??
庵野監督作品って最後に謎をポンと残して、観客にお任せしますってのが多くて…
それで観客はまるで恋の様に作品に取り憑かれしまうんでしょうね。
でもこれは庵野さんだから成せる技であり、他の人が真似たらただ、は?ってなるだけだと思います。

とにかくスケールがでかかったです!
あくまでも凄いし、緻密な設定凄い!


お盆で墓参りをしてきました。
高校生の鳩子に大きいからとピンクの浴衣を貰ったけど、私には派手すぎですね。(笑)
夏休み満喫出来ました(*^^*)






スポンサーサイト

思い出のマーニー

思い出のマーニーを見てきました。

結論から言うと、若干ホラーで面白かったです。

あなたのことが大好き、というキャッチフレーズより、
あなたは一体誰なの?
の方がしっくりくると思います。

あなたが大好きだと、百合系だと勘違いされそう。(笑)

作画も安藤雅史さんが作画監督で安定したクオリティでした。

美術監督は、アリエッティからの種田陽一さんで、背景のグリーンがかなり綺麗でした。


お話は、今までにないジブリの感じ。
マーニーは幽霊でした。

友人や前にいたスタジオのスタッフも多数参加していました。

ジブリのスタジオにこの間いってきました。
思ってたより、小さくて凄く大きな木が二本立っていて、まるで2人の巨匠がジブリにいるぞ、といわんばかりの木でした。
でも、凄くいいスタジオだと感じました。
第2スタジオが真横にあって、大丈夫5スタジオも近くにありました。

また、偶然にアトリエと幼稚園を発見。
凄く夢が有っていい建物でした。

ちなみに、ネットで建物はブログに載せても大丈夫だと言うことなので、載せます。

ただ、車のナンバーなど載っていたり、不快に思う方がいたら削除します。




晴天の霹靂

晴天の霹靂、観に行ってきました。大泉洋さんが大好きだからです!!

監督は、劇団ひとり。原作の小説も、劇団ひとり。

劇団ひとりの小説は面白いと聞いていたので、楽しみにしていました。

感想は、小さい話をうまくコンパクトにまとめている感じの面白い作品だと思います。

新人の監督の人や初めて映画とか作る人って、壮大な作品を作ろうとして
うまくまとめきれずに破綻する事が多いので、まとめられる範囲での壮大さ
で最初から作るのが、プロで有り、賢いやり方なのです。

松本人志の作品の「R100」は、壮大な物を作ろうとして、破綻し、
つじつま合わせどころか、何が言いたかったのか、自分でもわからなくなっていて、
苦痛すら感じて、30分くらい経ったところで、不快で席を立ちたくなる作品だと思います。
独りよがりで、映画は作ってはいけない事、映画の鉄則です。
厳しい評価になってしまいますが、先生によく映画は二時間お客さんを拘束するから、
不快なものを作ってはいけないと言われてました。
また、お客さんは高いお金を払っているのだから。


その点、晴天の霹靂は見事に、お話のつじつま合わせも出来ていますし、
コンパクトにまとめています。

また、手品のシーンは全て役者本人がやっているので、
1カットの長回しを多用していました。
1カットの長回しは、途中で切ることは出来ないので、
ミスするとまた最初っから。

大泉さんが、手品が大変だったと言っていました。

プロでも難しいと言われている手品もたくさん披露していました。
鳩を出すシーンでは、若干鳩が上着から出てきちゃった感じは有りましたが。笑


あと、昭和を再現した街並みは長野県上田市の協力で上田の街をそのまま
昭和の浅草にセットしたようです。
私も、一時上田に住んでいた事があるので、親しみを感じました。

お話は、冒頭シーンの雰囲気やセリフで、
「自分をいつからか特別だと思わなくなった。普通の人だ。
でも、その普通の生活を送るのがどんなに大変か。」
みたいなこと言ってました。

共感。そして、劇団ひとりは一人っ子なのか、寂しく生きている時の闇があるのだな、
と伝わってきました。

自分で生み出す作品は、自分の鏡。
結局自分の深部の心が出てきてしまうのです。

時間は2時間弱。比較的短め。

子供から大人まで観れる作品だと思います。

オススメ!!

意外と知らない映画館のお得情報

映画っていつ観てます??日とか時間によって料金変わるの知ってます??

東宝と松竹と若干変わりますが、大まかに。

まず、1日、20日(松竹系)は1100円。

毎週水曜日はレディースデイ、1100円。

毎日、20:00~始まる映画はレイトショー料金1300円。
注:映画終了が23:01~を超える作品は、大人の方一緒でも18歳未満は入れない。

平日のみスタートが12:00未満の第一回目の作品、モーニングファーストショー料金1300円。
(松竹系だけかも)



あとは、半年に必ず一回は映画を観る人は、ポイントカードを有効活用しましょう☆
入会金はかかりますが、年会費はかからないはず!!


土日、祝日は必ず混んで満席になってチケット買えないこともあるので、
ちゃんとした席で優雅に観たい方は、平日がオススメ。
本当に少ないと、自分以外は居ない貸切状態になることも多いです。

あとは、公開したてですと必ず混んでるので、
公開してから2週間後だと落ち着いてきます。
ただ、入場者プレゼントがある場合、公開直後じゃないともらえない恐れアリ。
在庫数にもよりますが‥‥。
毎週入プレ変わるのもあるので、特にアニメ・オタク系が多い。
四週目でも配ることもある。

映画は、人気がなくなると上映終了するので、
最短で1ヶ月未満~ジブリ系だと半年くらい上映してたりしますが、
時間が経てば経つほど、本数は減って、最後は一日一本になるので、
早めに観ましょう!!!!


その、一日一本が18歳未満は入れない時間のことも多々あり、
怒る人もいましたけど。笑
そんなに見たきゃ、なぜ早く見に来ない!?ヽ(`Д´)ノ
終わるから、観に来た!!っていうクレーマーの方、爪があまいですよ。笑


そうゆうことが無い様に、計画性を持って映画を楽しみましょうね☆★☆

アメージング スパイダーマン2

観ました??見てない人は、ネタバレしますから、この先を読まないでください。
この先を読まないで!!












読まないで!!って言ってるのに、読んじゃったんですか??笑

しょうがないですね。笑

第一期とは、大まかなあらすじは同じなのですが、少しずつ変わっていました。
第一期より、少し残酷で複雑。
まさかの展開。正直、主役の方は第一期の方が好きなのですが、
悪役の親友役の俳優さん、まじでかっこいいい!!!
この人主役にして欲しかったな、女性として。(笑)
まあ、主役がイケメン過ぎると感情移入が出来ないので、親友役になったんだと思いますが。

今回、スパイダーマンの本当の父と母の秘密も暴かれます。
そして、彼女が‥‥まさかのお亡くなりに。。。残酷。
その後、スパイダーマンを辞めるのですが、彼女の主席で卒業したスピーチで
希望を持ち続けて。。という言葉で、再び、決意。

なんか、感動しちゃいました。(´;ω;`)

3Dで見たのですが、やばりビルとビルの間を飛び交うシーン、最高ですね。
飛翔感半端ない。ディズニーランドのスターツアーズみたいです。

やはりスパイダーマンは3Dで見ないとっ!!!
子供向けというか、大人向けな内容がいいですね。

見てない方は是非!!一話見てなくも、なんとなくわかります☆
プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページhttp://redsuncat.youpage.jp/もしくはhttp://redsuncat.xxxxxxxx.jp/
作家支援サービスhttps://enty.jp/RedSunCat

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。