FC2ブログ

2018年を振り返る

今年の漢字は「漫」かな。
1月に3日間ネームタンクのネームできる講座に通って、12月からトキワ荘プロジェクトのMANZEMIに通ってコツが掴めてきた。
出版社さんに声かけてくださって、漫画のお仕事を初めてやらさせて頂きました。初原稿はオールカラーで来年春出版予定だそうです。
今はトキワ荘プロジェクトのマンゼミで厳しく教えてもらってます。(・・;)先生が編集者の方なのでカナリ優秀で、落ちこぼれないように頑張らねば…!
今年は漫画漬けの一年で最高だった。
‪賞の最終選考に2作品も残れたし、Pixivisionさんに記事にしてもらったし、編集部オススメになってた。今年はネーム含めて400p位描けたなー‬と思うけど。ボツも多いしまだまだこれから。
漫画歴3年、途中一年社員として働いてたので実日2年ちょい位。独学で勉強するのに限界を感じて、漫画の塾に通い始めたのがすごく良かった気がする。もちろん担当さんはアドバイスをくれるし育ててくれるけど、1コマ1コマ教えてくれる訳じゃない。
アニメーター上がりが漫画を描くと大概コマ割りで躓くらしい。本当それ。
後はキャラで見せるって具体的に分かってなくてそこがいつも指摘されていたので、欠点を克服出来そうで嬉しい。
3年前はわからない事だらけで、漫画を完成させる事がとても大変で、連載なんてとんでもねぇと思っていたけど、今はコツも掴めてきて連載したいなと強く思うようになりました。
周りの友人も漫画家さんだらけになった影響もあるかな。漫画家さんって善人タイプがすっごく多くていつも支えてくれて教えてくれて刺激をもらえて本当に感謝してますし、尊敬してます。私もそんな人になれたら…いや、なろうと思いました。
本当の意味で善人じゃないと漫画は描き続けられないのだと漫画家さんの背中を見て思いました。色んなものを犠牲にするし、漫画を毎週、隔週、月間で描き続けるって想像以上に大変なことも知ったし、信念や覚悟があって読者にメッセージを伝え続けられる人じゃないと出来ない仕事なのだと思い知らされました。
それを知った上で連載したいと決めました。
SFファンタジーとエッセイが企画として動いているけど、連載会議に出せるレベルまでに固めておかないといけないし、描くスピードも上げていかないといけないのでまだまだ先は長いですがいつか皆さんの目に触れる機会があれば嬉しいです。^^
今年は去年画コンテ描かせて頂いて実際エキストラで出演させてもらった、松坂桃李さん主演の「娼年」が公開出来て嬉しかったです。松坂さんはとても誠実な男前な方でした。スタッフの方も皆んな生き生きとして良い人が多くて、とても刺激になりました。
来年の目標は「連載を決める。連載する。24インチの液タブを買う」にしたいと思います。
皆さんも来年良い一年をお過ごしくださいね!
それでは良いお年を!
スポンサーサイト



実写映画「娼年」に参加して…

一年ぶりの更新ですねー。
色々あり過ぎて放置してました。誰も観てないだろうとも思っていいかなと。笑 
松坂桃李さん主演【娼年】映画公開しましたね!監督は[何者]が有名な三浦大輔監督です。制作スタッフさんはホリプロ、ファントム・フィルムです。
私は画コンテ半パートとスタッフさんのご好意でちょろっと記念エキストラで出演させて頂いてます。ヒロミとの待ち合わせの渋谷のシーンで桃李くんの真後ろに居ましたが、たぶん気づかないと思いますー!
撮影は2017年春約1ヶ月半位のハードなスケジュールでした。三月頭に私の携帯に電話がかかってきて「画コンテ描いてくれない?」から始まりました。まだ、シナリオの決定稿が出てない中、翌日三浦大輔監督と助監督とカメラマンの田中さん等々と打ち合わせをしました。
アニメの絵コンテは経験してましたが、実写の画コンテは初めてだったので、物凄く緊張しましたが、皆さん親切でとても優しい方々でした。
その後ホリプロに移動して助監督さんとロケハンの写真と台本を見ながら1時間でも早く物凄いスピードで淡々と画コンテ作業が始まりました。実写の現場は初めてでしたが、とてもバタバタしていて、撮影日のスケジュールを分刻みで決めていたり、役者のスケジュール交渉、お弁当の注文や車の手配、衣装チェック、エキストラの手配、天気によって撮るシーンが変わる時の予備スケジュールなど、時間との勝負なんだなと感じました。
自分自身もその頃アニメのお仕事ととあるゲームのキャラクターデザインとキービジュアルとコミティアの原稿作業があったので、4本仕事が被るという境地でした。笑
でも夜になるとスタッフさんと皆んなでご飯食べに行かせてもらったり、色んな話をしたり、和気あいあいとしていて、本当チームなんだなぁと団結力を凄く感じました。
この経験は凄く大事な宝物です。台本に自分の名前が書いてあるとき凄く嬉しかったです。
スタッフさんにはとても感謝しています。 
エキストラについて… 
実写の現場を生で見れるチャンスはなかなかないので、参加させて頂きました。
朝7時集合でしたが、役者さんは前日1時まで撮影していたりとこんなハードな中セリフを覚えてカメラの前で疲れを見せないで演技して、役者ってすごいなぁと思いました。
街中で撮影するときは戦場です。助監督さんがトランシーバーで指示を出して、一つのシーンを一つのカメラは役者アップ用、2つ目は街中を俯瞰から撮る用、3つ目は別のアングルからカメラを取っていました。
通行人が沢山いるので、信号が赤になったら芝居を始めると言った具合で、スタッフさんは通行人にすいませんと何度も言っていました。
映画って本当1人じゃ作れないんだなぁと改めて感じました。
松坂桃李さんは初めてお会いしましたが、背が高くてスレンダーでカッコいいです!!
街中で撮影している時も役に集中しながらも配慮してくださった方でした。
こうしてやっとこさ皆の汗が詰まって出来た[娼年]、まだ劇場公開してます。6割セックスシーンで美しい身体がいっぱい出てきますが!
滑り込み上映お待ちしてます^^
http://shonen-movie.com/sp/
9月にDVDがでます!
#娼年
2018年9月14日(金)『#娼年』ブルーレイ&DVD発売決定
早期予約特典は「オリジナルミニクリアファイル(A5サイズ)」
商品仕様の詳細はこちら→shonen-movie.com/bddvd/index.ht… 

ちなみに漫画の仕事も頂けました!
学校図書系で学校に納品される形だとは思いますが、一般発売は来年出版になるかと思います。
これからも、漫画に、実写にアニメにゲームにイラストに沢山色んなお仕事していきたいと思います!みんな本当に良い人ばかりで仕事熱が高いです…!実写はまたやってみたいなと思います!
自分にとって、仕事とは本気の遊びです。本気で全力でやるから面白いんです…!まるでRPGをやっているような気分…!
なんかあったら声かけてくださいね!
頑張ります^^が、これ見てる人も頑張れー!めっちゃ応援してるで!!

気持ちの変化

みなさまさんにちは!
しばらくブログを更新してなかったのでまた広告がでてしましました。
3月はめちゃくちゃ忙しいので、誤字脱字お許し下さい(>_<)
最近、某実写映画の画コンテを描かせていただけるチャンスがあり、とても刺激的でした。とにかく実写はバタバタ忙しいですね(@@;)とてもよい経験をさせて頂きました。半パート約一週間弱で大ラフで描きました。
普通劇場アニメだと半年~2年以上かけて描くことが多いですかね?
実写の良いところは全員野球をしているところだなぁと思いました。
全員が内容を把握、皆さん内容を把握しているのでこれは?と聞いても皆さん応えられるからスバラシいな!!と思いました。
アニメだと監督一人で抱え込んで監督一人で作品を牛耳っている感じが強いので、アニメも一度この方法でやったら面白いのではないかな?と思いました。
あと、某新作アニメのキービジュアルを担当させていただけることになりました。まだ放送とかも決まってないのですが、早く決まると良いなぁとワクワクしています。
アニメだけでなく色んな仕事をしているとき、自分の肩書きが、アニメーターやゲームデザインとか漫画描いてますっていう、マルチクリエイターみたいな謎の肩書きが嫌なので、
はやく「漫画家です」と名乗りたいなと最近強く思うようになりました。
前までは単行本を出したいと思っても、連載したいと思っては無かったのですが、周りの漫画仲間が次々連載して単行本を出している姿をみて、私も連載したいという気持ちに変わりました。
実際、アニメの作画をしているときも私のフィールドではないなと感じるようになりました。原稿描いているときが一番私らしい気がします。
少しずつ少しずつ漫画にシフトしています。
こうやっていつか漫画家になるんだろうと思いました。
あ、3月頭に漫画アニメ交流カクテルパーティー会を赤瀬さんが開いてくれて参加したのですが、それがTBSの朝のテレビで流れました。
まわりがどんどんビックになっていくので、私もがんばって描こう!と思えます。
漫画業界入って思ったことですが、漫画は個人の仕事だけど横の繋がりをとても大事にする業界だなぁと感じました。
友人が連載すれば他の漫画家さんも応援する、みたいなライバルだけど全力で応援みたいなとても暖かい人が多いのだなぁと感じました。
やはりみんな孤独からなのでしょうか?
それとも物語を描く人はいつも読者のことを考えているので、相手のことをよく理解しようとするからでしょうか。
信念を持って伝えようとしているからでしょうか。
漫画家さんは器がでかい人、情に熱く、他人をほっとけない人が本当に多いです。
アニメ会社を一つの家族みたいな存在に例えるとするなら、漫画業界はみんな兄弟みたいなもの、に近いような気がします。
最近はものすごい忙しいですが、いろんな経験をさせていただいて成長しながらこれからもまた精進したいと思いました。
5月の東京のコミティアは出るので宜しくお願い致します!(〃'▽'〃)
原稿終わってません!

作家支援サービスEnty始めました。https://enty.jp/RedSunCat

こんにちは。
comicoやpixiv等で不定期で更新してきたカラー漫画ですが、仕事しながら漫画を描くのがしんどくなってきたので、漫画に集中し、更新速度を速めるため、作家支援サービスのEntyさんの方に登録を致しました。https://enty.jp/RedSunCat
comicoに載せるとき、閲覧数が1日で2500回以上行って、見てくれてる人が多いのだと大変うれしく思っています。そんな中、Entyさんの方からメールを頂きまして、登録させて頂きました。
まだ若干変更はあるかと思いますが、週一で何かしら更新できたらというのと、
できるだけ月一で新作漫画を載せていけたらな~と思います。漫画の方はこちら優先なのと、ここだけの限定と作っていきたいなと思います。
とりあえず実験中です。
今年5月の東京のコミティアにも1冊と雑貨を出店予定なので(最初なので部数はあんまり擦りませんが取り置きは出来るようにしたいです)その費用に充てたいと思ってます。(*^^*)
もしよろしければ無料で見れるものも有りますのでよろしくお願いいたします(^^)/
pochaneko1.png 

あけましておめでとうございます(o^^o)

あけましておめでとうございます!!
2017年今年も宜しくお願い致します(≧◇≦)
去年を振り返ると…
漫画に没頭した、業界に踏み込んだ漫画尽くしな一年でした。

持ち込み行って7誌に担当さん付いて頂いたり、漫画のアシスタントやったり、漫画家さんの集まる会みたいなのに参加させて頂いたり…。
運命の出会いもありました。

この方私だ!ソウルメイトだぁ!と思える漫画家さんに運命的に出会った事、仲良くしていただいたり相談に載っていただいた漫画家さんもできたり、友人がデビューしたり&連載始まったり単行本出たり。
また、練習や没含め去年は6作品位描いたかなぁ。カラー漫画だと連載とか扱ってもらえないところがほとんどだったので、pixivやcomicoやline漫画に載せてみたら総閲覧数は2~3万回とか行ってて、コメントもたくさん頂けて反応伺えて嬉しかったです。
pixivコミックの編集部おすすめにしていただいて掲載されたり声掛けていただける事が増えてラッキーでした。

去年は友人に行けとずっと言われてた初コミティアに行ってみました。こんな世界が有るんだなぁと思って、私も今年の5月一冊と手作りのストラップとレジンの小物販売のため出る予定です。トータルで四冊出したいんですけどね。お金かかるなぁ(..;)
コミティアとかコミケとか全然興味なかったんだけど、行ってよかった。
ひたすら言ってたエビちゃんに感謝だなぁ。

去年はSNSで出逢った人含め、人との縁が広がった一年でした。
いろんな業種の方ともお話できる機会も有ったし、ネットって便利な世の中です。
あ、キャラクターデザインのコンペの依頼とかもあり、いろんなお仕事お声かけていただいて、見てくれてる人は居るんだなぁと少しずつでもやるべきだなぁとしみじみ感じました。

プライベートも大きく変わりました。
こんなことって有るんだなぁ~って、
自分でもビックリしてます。
今年は「シンゴジラ」「君の名は」「この世界の片隅に」「scoop」など色々な映画見ました~すごいよかったです。
君の名は、に限ってはみた後に自分にも似たような出来事が起こってびっくりしました。
本当スピリチュアルな一年だったかも(笑)
(よい意味)

今年は東京でルームシェアする予定なのでちょっと楽しみ(o^^o)

とりあえず今年上半期はカラー漫画残り5作品残ってるのでそれを終わらせない限り先に進めないのでそれを完結させたい……!

その後は少しゆっくり仕事しながら白黒漫画描こうかな…

ゆくゆくは連載したいです。死ぬまでにあの二本の長編は描ききりたいなぁ…。
「妖怪と侍が共存するファンタジー和物」と「SF系世界滅亡後の話」

そちらのネタも少しずつ形にしていますが…担当さんに見てもらわなくてはいけないのに…う…もって行けてない。

プロットすら知らない状態から考えるとよく成長したなぁと思います。
長編をいきなり描くより、短編を何本か描いた方が最初は勉強になると言われて短編集描きまくってます。

でも描けば描くほど漫画はオモシロいです。これははまります~(*^O^*)

今年はどんな年になるのかな。とりあえず漫画頑張りたい…!たくさん描きたい!描いても描いても足らない。どんどん話は降りてくるからまた描きたくなる~
この感覚は何なんだろう…きっと何かの、誰かの記憶なんだろうなぁ…
リアルにイタコになれそう(笑)

皆様もよいお年になりますように
心から願っております(*´▽`*)
本当だやー。

これからも宜しく&仲良くしてやってください~(o^^o)




プロフィール

曄月 陽(はなつきよう)

Author:曄月 陽(はなつきよう)
ホームページ http://redsuncat.wixsite.com/redsuncat
twitter https://twitter.com/RedSunCat

作家【漫画家・アニメーター・ソシャゲアートディレクター・イラストレーター・絵コンテ】etc…

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR